「負け犬」世代の大人Wedding
30代が満足できるパーティウエディングの作り方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレスショップ~決定編・その1~

いくつかのドレスショップを渡り歩いた結果、私はひとつの結論に辿り着きました。
それは…

(1)私のように胸板がごく薄の女は、胸元の空いたドレスは似合わない
(2)私のように胸板がごく薄の女は、オーガンジーのような柔らか素材は向かない
(3)私のように貧弱体型の女は、体のラインを強調するドレスにしない方がいい


以上の条件をクリアするためにも「張りのある素材を使ったボートネックのAラインドレス」を探すことにしたのです。
ボートネックのAラインドレス…イメージとしては、ヘップバーンやグレース・ケリーっぽい、シンプルでクラシカルなラインのドレス。
そうだ、お色直しにもなるし、寒さ対策にもなるから、それに合わせたボレロなんかもあるといいなぁ(実際私の結婚式は12月も末だったので、見た目が寒々しいドレスはどうかな?って感じでしたから)。
柔らかなドレスも着てみたかったけど、こんなクラシカルなドレスも品があって、なかなかよさそうじゃない?

というわけで、気を取り直して探し始めたんです。
ところが…ないんですねぇ、ボートネックのAラインドレス。
たまにあっても、生地が安っぽくて気に入らなかったり、妙にいろんな飾りがついてたり。
う~ん…せっかく頭を切り替えたのになぁ…困ったこまった…(´~`)

いやね、1軒だけあったんですよ。私のツボに見事ハマったドレスが(`・ω・´)シャキーン
でも…そこは神戸にあるドレスショップ
<ブランソワ>http://www.blancsoie.com/
雑誌には「このお店のドレスに魅せられて、全国から花嫁が集まる」と書いてあったけど…
試着に1回、お直しに1回、最終フィッティングに1回…少なくとも計3回はお店に足を運ばないといけないだろうしなぁ。
となると、ドレス代+交通費(約10万円?)
…う~ん、あまりにももったいない…
というわけで、泣く泣くこのショップのドレスは諦めました。
(↓着たかったドレスはこれ)
BlancSoie.jpg

さぁどうしよう…この時点で8月も末。結婚式まであと4ヵ月しかなくなっちゃった…
そこで閃いた!
「気に入るドレスがないなら、オーダーすればいいんだ」
うん、これは名案っ!

(続く)
スポンサーサイト

テーマ:ウェディング - ジャンル:結婚・家庭生活

ドレスショップ~行きました編~

引き続きドレスのお話です。
今日は私が実際見に行ったショップをご紹介。

ちなみに余談ですが、私は当初からカラードレスを着ずにウエディングドレス1着で通すつもりでした。
そのため、2着分の予算を1着に注ぎ込む…という目論見でドレスショップをまわったので、実際に訪れたショップは世間でいうところの「ややお高め」のショップが中心になってしまいました。

これって贅沢?
いえいえ、私の場合、自分が三十路女なわけですから、当然のごとくお呼びするゲストの方々も年齢が高め。
となるとやっぱり目の肥えたゲストのお声が気になるわけです。
というわけで、私のドレス探しのテーマは「そこそこな予算で質の高いドレスが手に入るショップを見つけよう!」となりました。

さて、結果は如何に?!

<ドゥ アンディオール>http://www.deux-endior.jp/
最初に訪れたショップがここでした。
きっかけは「25ansウエディング ドレス号」に載っていたショップの記事。
ここに載っていたショップのドレスは大人っぽさをより演出するアイボリーやシャンパンカラーのドレスが中心でした。
実際に行ってみると…ほんと、まさにその通り!
原宿・竹下通り近くという立地にあったので、実際にお店を訪れるまでは「ホントは若い子向けのドレスが中心なんじゃないの?」と疑ってましたが、行ってみると何のなんの!イタリアンシルクを使った「大人向けドレス」ばかりという、何とも魅力的なショップでした。

ここで試着したのは
(1)胸元からトレーンまでを繊細なレースで包み込んだソフトスレンダードレス
(2)上半身がスパンコールとち密な刺繍で埋め尽くされたクラシカルなAラインドレス
(3)胸元のVゾーンが大人の女性の色気を演出するAラインドレス↓
DeuxEndior.jpg

の、計3着。
いかにも「高そーー」なドレスばかりでしたが、ありがたいことに会場の提携店ということで、レンタル予算はどれも40万円以内。小物・新郎タキシード込みの価格でした。
とはいえ、選んだドレスがすべてシャンパンカラーだったので、小物も同系色のものが揃ってるかどうかが気になったのですが(実際、その手の色味の小物は少ないのです)、ここのショップは小物も充実。
シャンパンカラーのドレスを豊富に取り扱っているだけあって、ヘッドドレスやヴェールにも同系色のものが揃っていました。

ちなみにこのお店は、旦那と私の母の3人で出かけたのですが、3人の意見が一致したのは(1)のドレス。
このドレスでほぼ決まりかけたのですが…最終的には契約には至りませんでした。
理由は「よくも悪くもドレスの印象が強すぎる。これだとブーケやヘアスタイルを変えてもイメージチェンジにはならない」から。
お色直しはしなくても、やっぱりいろんなスタイルを楽しみたいですもんね(^皿^)
うーん、すごく素敵なドレスだったんで、最後まで悩みましたけどね。

最後に、このお店で1つだけ残念だったこと。それは…写真撮影がNGだったこと。
これだけはいただけなかったなぁ(-_-;)


<ドレスサロン ビタースウィート>
ちょっと前まで「アンジェローブ」という名前で営業していたドレスショップ。
新宿店と表参道店があるのですが、表参道店は以前下見した会場の中にあるため、ちょっとバツが悪くて顔を出しづらかったので、新宿店におじゃましました。
訪問前、会場からもらったショップのパンフレットには、シンプルながら繊細なレースなどを使ったイタリアやフランスのソフトスレンダーのドレスが数多く載っていたので、それを期待してショップに行ったのですが…

ここではお店の選択を誤りました…
あとで知ったのですが、実はこのお店、新宿店と表参道店ではまったくドレスラインナップが違ったんですね。
私が行った新宿店は手頃な予算が売りの店。パンフにあったインポート物を取り揃えているのは表参道店のほうだったんですΣ(゚∇゚|||)
だからショップの隅々まで「気に入るような大人っぽいドレスがないっヽ(`д´)ノ」
あるのは化繊のホワイトやオフホワイト生地を使ったAラインドレスやらプリンセスラインばっかり。
Aラインドレスを訪れたあとの私には「あまりにもありきたりなラインナップ」に見えてしまいました(`ε ´)
というわけで結局、後日あらためて表参道店に行くことに…(´・ω・`)ショボーン
BitterSweet.jpg

↑表参道店にはこんなドレスがいっぱいありました。

ちなみにこちらのショップは、Wドレス+カラードレス+新郎衣装で30万円以内という手頃で魅力的なパックがありました。


<ノバレーゼ>http://www.novarese.co.jp/dress/
イタリアデザインのインポート物を数多く取り揃えているドレスショップ。
Novarese-a.jpg

シルクタフタやシルクシャンタンなどを使った正統派のクラシカルデザインが多い「ドゥ アンディオール」とはまた趣が違い、こちらのショップはオーガンジーなどの素材を使った柔らかなシルエットのドレスが得意といった印象を受けました。
ちなみに私の場合、こちらのショップで気になったのは、ウエディングドレスより意外にもカラードレスの方。
細やかな刺繍がきれいなピンク、ほんのり色付けされたようなブルーグレー、珍しいブラウンなど、淡い色調のスモーキーカラーのドレスがいくつも揃っていて、それまで「色ドレスはどぎつい」と思っていた私の固定概念を見事に覆してくれました。
「このカラードレスならぜひ着てみたい!」と思ったのですが、ウエディングドレスのランクを落とすのはイヤだったので、残念ながら断念しましたが、今でもここのショップのカラードレスにはかなり未練たっぷり…。
ちなみに、私が着たい!と思ったドレス↓
Novarese-b.jpg

を選ばれた花嫁さんのブログを紹介しておきます。興味ある方はぜひ訪ねてみてくださいドレス、ペーパーアイテムなど、いろんな面にセンスの良さがにじみ出ている花嫁tomoさんのブログさんです。
「三十路すぎOLのけっこんしきまでの日記。。。」
http://ameblo.jp/tomo1113/

テーマ:ウェディング - ジャンル:結婚・家庭生活

お知らせ~その2

今日はふたたびの登場です。

先日もお知らせしました出産・育児に関する新ブログですが、本日アメブロにて密かにオープンさせちゃいました!

「子供嫌い」の育児日記
http://ameblo.jp/kodomogirai-no-ikuji/


興味ある方は、ぜひこちらもご覧くださいませ~ m(_ _)m

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

おすすめドレスショップ~お手頃編~

ちょっとここで、私の気になった「大人花嫁におすすめのドレスショップ」について紹介しておこうと思います。
まずは20万円台以内の予算でドレスが手に入るショップから。

<ドゥエ マーニ>http://www.duemani.co.jp/
こちらでは中古のセルドレスを扱っています。
1階では10万円台が中心のお手頃ライン、2階では20万円台中心のドレス…と、主に2つの価格帯のドレスを販売。
値段だけ聞くと、2階のドレスは中古としてはややお高めに感じるかもしれませんが、このお値段では通常手に入らない質の高いドレスが揃ってますから、個人的には2階がお買得だと思います。
ちなみに「私はウエディングドレス難民」の記事内に添付したドレスは、こちらのショップのものです。

<ウェディングe工房>http://www.rakuten.ne.jp/gold/w-kobo/
こちらも中古ドレスを販売するお店。
楽天内にあるネットショップですが、予約すれば店鋪または自宅での試着もできるという画期的なシステムをとっています。
お値段はどれも10万円以内で、ほとんどが5万円以内というから、かなり破格。
若い女の子向けっぽいドレスも多々ありますが、大人の女性にも似合いそうな凝ったディティールのイタリア製ドレスや、シルクのドレスもあります。
1点ものが基本なので必ずしも好みのドレスが見つかる補償はありませんが、タイミングさえあえば掘り出し物に出会える可能性も!
ただし上のお店と違い、レンタルドレスを中古セルドレスとして販売しているので「人が何回も着たドレスはイヤ!」という方には不向きかもしれません。
e工房.jpg
↑これはイタリア製のドレス

<フォーシス&カンパニー>http://www.wedding.ne.jp/foursis/
こちらはレンタルドレスを扱うショップ。
ラインナップの主流となるお店オリジナルのコレクションはプリンセスラインの物が多く、一見すると「若い花嫁さん向きショップ」。
ですが、オリジナルコレクションよりちょっとお高めの「ニューヨークコレクション」には、大人っぽいソフトスレンダードレスがあるので、スレンダー系ドレスを探している方なら使えるショップといえそう。
また、デザイナードレス「Alan Hannah」もおすすめ。他にはないデザインのプリント柄がきれいなドレスが揃ってます。
ちなみにこのショップは私の会場では提携ショップだったのですが、提携の場合はWドレス+カラードレス+新郎スーツで20万円台というお得なパックプランがありました。
FourSis.jpg
↑こんな大人っぽいドレスもあります

<ルーチェ クラッシカ>http://www.luce-jp.com/index.html
レンタル、オーダーレンタル、フルオ-ダ-の3種類から選べるアトリエ系ショップ。
雑誌「Olive」系(表現が古い?)のキュートなデザインが主流なので、一見すると大人には不向きかもしれませんが、他のショップにはほとんどないショート丈のドレスや、クラシックでシンプルなデザインのドレスも結構あるので、カジュアルなウエディングパーティを考えている人は一見の価値ありだと思います。
ちなみにレンタルドレスは7万円台からと手頃なので、2次会用ドレスを探すにもいいかも。

テーマ:ウェディング - ジャンル:結婚・家庭生活

お知らせ

午前中はせっかくいい天気だったのに、また雨…
このところパッとしない天気が続きますねぇ。

さて…このところ私の頭を「育児」ネタが占める割合が多くなってきました。
とはいえ、せっかく始めたウエディングネタも続けていきたいし。
でも、ここで2つの話を書くのは、話が前後してイヤだなぁ…
というわけで、新たに別ブログにて、育児日記を立ち上げることにしました。

タイトルは「子供嫌いの育児日記」。
アメブロにて、近日公開いたします。

こちらもどうぞ、ごひいきに!

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

私は「ウエディングドレス難民」

育児ネタが続いたので、ここらで一度本題に戻りまして…今日はドレスの話。

前にも書きましたが私の場合、会場決定までは比較的スムーズに進んでいたのです。
5月末に見学開始、6月には本契約…客観的にみてみると「ちょっと安直なのでは?」と思われても不思議ないほどの、このスピード(とはいえ、約2ヵ月かけて雑誌で検討しまくった上で見学に出かけているのですが…ね)。
この会場契約の時点では「いや~、結婚式の準備は大変って聞いてたけど、それほどでもないんじゃないの?」なんて、思わず考えてしまいました。はっきりいって。

ところが…スムーズなのはここまででした。
次に控えていた作業。これが私にとっての「最大の難関」となってしまったのです。

その「難関」とは、ドレス探し。

実は会場契約の際、会場スタッフの方に「ドレスはなるべく早めに決定しておいてくださいね~」といわれていたのです。
が、結婚情報誌を読んでみると、ドレス決定時期は「挙式3ヵ月前」と書いてある。
これを間に受けた私は「なんだ~、まだまだ余裕あるじゃない。じゃあ、のんびり探そうっと」などと思ってしまったんですね。
※この甘さが、実は後のち自分の首をぎゅうぎゅうと締めることになってしまうのですが…その話は、まぁ後ほど。

というわけで、せっかくの会場スタッフのアドバイスを聞き流した私は、のんびりモードで初のドレスショップ訪問を7月末に決行。
お店では、他の花嫁さんがそうするように、私もいろんなタイプのドレスを試着してみたんです。ところが…

重大な問題に気付いてしまったんです。
それは「自分がいい!と思うドレス=自分に似合うドレスではない」ということ。
これ、よく雑誌にも書いてあることではありますよね。
でもまさかここまで似合わないとは…「ビスチェドレス」がっ!!!
えっ、それの何が問題なのかって?
実際にドレスショップを訪れてみて気付いたのですが、
実は最近のドレスの人気筋はビスチェドレス。
だから自然と、ビスチェドレスが主流商品になっちゃうんですね。

だからビスチェじゃない今風のドレスは数も少なめで、選ぶのはなかなかの苦労。

嗚呼、今のドレス業界は「ビスチェ マンセー」なのね?!

ビスチェが似合わない花嫁は、不幸のずんどこ。


あ~~~~~~~かなしーーーーーーーー。
↓こんなドレス、着てみたかったのにぃぃぃぃぃぃ!!!
dress-01.jpg

テーマ:ウェディング - ジャンル:結婚・家庭生活

迷いっぱなしの産院探し

さっそく「育児ネタ、よろしく!」との声をいただいたので、今日も出産・育児話をひとつ…

しかし、結婚式もそうでしたけど、出産にいたるまでの道のりはそれ以上に「五里霧中」でしたね~。
何しろ産婦人科に行くなんて、生まれて初めてのこと。加えて私のまわりには先輩ママもホント少ない。
だから情報収集は「すべて自力で」というのが基本でした。

というわけで、まずブチあたった壁が…産院探し。
私の場合、最初から里帰り出産をするつもりがまったくなかったので、出産までの検診はもちろん、出産まで安心してお願いできる産院を探していました。
とはいえ、近所に産院情報をくれる先輩ママがいるわけもなく、最初の時点では情報は皆無…

そこで役にたったのがこのサイトでした。
<コンビタウン>
http://www.combibaby.com/intro/index.html


このサイト内にある「産婦人科検索」では、自分の希望するエリア(都道府県はもちろん市町村まで)から分娩方法、予算まで、様々な条件を絞った上で産院を検索することができるんです。
どこに産院があるのかすら全く知らなかった私にとって、このサイトから得た情報はまさに「出産への第一歩」。
ここから気になる産院数件を見つけ、その後Googleで各産院の評判をチェック。
最終的には「自宅から車で15分以内で行けて」「お医者様の評判もよく」「院内が清潔で」「予算がべらぼーに高くない」…以上の条件にあてはまる病院に決めました。

ちなみに私の場合「高齢初産」になるので「大学病院や大きな総合病院の方が安心かな?」と最後まで迷いました。
大きな病院はいざという時を考えれば安心なのですが、検診のたびに先生が違ったり、待ち時間が長かったり…というのが玉にキズ。
それに私の場合、家に一番近かった大病院が「聖路加国際病院」だったんです。
聖路加は腕の面でも評判だけど、芸能人や有名人が出産するという「セレブな病院」だけあって、その分お値段も「セレブ」なんですよね(出産費用の目安が約80万円だって!!!)
庶民のうちらには、とても手が出せません…

最終的に選んだのはベッド数30以下の個人医院。
個人医院といっても院長はその道では有名な医師。産婦人科専門医なので、腕の面でも安心。
しかも7階建てのピカピカの新ビルに移ったばかりというから、超ラッキー!(やっぱり、キレイなところで入院生活を送りたいもんね~)

というわけで、妊娠発覚から出産まで、この医院にお世話になることになったのでした…

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

My Profile

まこ

  • Author:まこ
  • ライターを生業としていますが、現在は休業中。10月に「高齢初産」を経験し、新たなジャンル「育児」に取り組んでいる「元・バリバリの負け犬」です。

New Entry

New Comments

Archives

Themes

Trackbacks

ブロとも申請フォーム

Bookmarks

Search

RSS

Links

All About [結婚式]
All About [結婚式]

無料ホームページ ブログ(blog)
<img border=0 src="http://www.sugoicounter.com:10000/cgi-bin/counter.gif?id=325912&page=1&uniq=0&cnt=2"> </noscript>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。