「負け犬」世代の大人Wedding
30代が満足できるパーティウエディングの作り方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会場決定…これが失敗しないコツ?!

望み通りの式場がスムーズに見つかったのはいいけれど…成約する時には一瞬、さすがにひるみました。
何を隠そう、1軒めに下見した会場と成約した2軒めでは、見積もりの金額に100万円近い開きがあったからです。
※あとでよく見返すと、1軒目の見積もりにはカラクリがあったのですがね…まぁこの話はまた後日。
とはいえ、この見積もりだってどこまで信用していいものやら…
実は「最初の見積もり+100万円が実態」だって知ってるモンね。( ̄Д ̄;)

そこで会場担当者にクエスチョン。
「おたくの会場、持込料はどうなってます?」
…答えは理想的でした。
「うち、持込料の類いは一切いただかないんです」
えっホント?ドレスも?引き出物も?お花も?カメラマンやメイクさんなんかは持込みNGなんじゃないの~?
「いえ、ホントにないんです。持込もご自由にどうぞ」

ヽ(´▽`)/ヾ♪
んまぁぁぁぁぁ。なんて素敵!!
これなら、予算に煮詰まった時は、外注を駆使すればいかようにもできそうじゃないの。
持込料を気にして、提携店にしばられることもないのね?!
実は「もしあまりに持込料をとるような会場ならNGかも…」と思ってたんですけどね。
よっしゃー、もらった!

そこで担当者に、もうひと声。
「じゃあ悪いんですけど、おたくの提携店を使った場合で写真やお花を盛り込んで、もう一度見積もりを出し直してもらえます?」

…待つこと15分。「お、お待たせしました~!」担当者、再び登場。
これを片手に、まずは私が隅々までチェックしてみました。
なぜなら私、この会場を訪れる前にドレスやペーパーアイテムなどの「ココいいね」と思ったショップを調べて、あらかたの予算を頭に入れておいたんです。
※今思えば、これが勝因だったのだと思います。
その脳内メモと比較すると…おっ、この見積もりの方が高いモノも、あれこれあるぞ。入らないと思うモノも入ってるし。
それでこの金額なら…なんとかなりそう。
予算の読みづらい会場装花なんかが途中で値上がりしても大丈夫そうじゃん(´∀`)

いやいや、旦那に「会場も決まってないのに、気がはやいんぢゃないの~?」とバカにされつつも、ドレスやその他アイテムの下調べを早めにしておいて、よかった~~!
あとはいかにしてこの金額内におさめるか…次はこれが課題だわ、うん。

というわけで、その日のうちに無事「会場ご成約~」とあいなったワケです。
スポンサーサイト

テーマ:ウェディング - ジャンル:結婚・家庭生活

会場探し・私流の「基準」

さて、何となくながらも「結婚式のイメージ」が固まってきました。
じゃあ早速、会場探し!…といきたいところなのですが…
あれ、待てよ?!
今のままじゃあ、ただやみくもに何軒も見てまわることになるじゃない?

時間に余裕があるなら、それもまたいいけれど、当時の私はまだまだ「仕事第一!」の身。
プライベートな事柄に使える時間には、まだまだ限りがありました。
そこで会場を実際に訪れる前に、まずは自分のイメージする結婚式を実現するために欠かせない「条件」を、一度書面に書き出してみることにしました。

私の場合の「条件」、それは…
(1)ゲストを座りっぱなしにさせない会場
(2)ゲストに窮屈な思いはさせない会場
(3)ゲストが思わず「プライベートでまた来たい」と考えてくれそうな会場
…この3点。

中でも特にハズせない!と思ったのが(1)の条件。
以前から自分がゲストとして呼ばれた時に感じていたんですが、結婚式って長い間座りっぱなしということが多くて、お尻が痛くて仕方なかったんですよね(^_^;
あんまりお尻が痛いと、せっかくのパーティも楽しさ半減。集中力もなくなってくる。
かといって、あんまり中座するわけにもいかないし…トホホ。

な~んて感じたこと、皆さんはありませんか?

じゃあ、これを解消するには、どうしたらいいんだろう?
そこで私の出した結論は…
「ソファスペースのある会場を探そう!」。
ソファスペースがある会場なら、動きのある進行にしやすいし、堅苦しくないパーティの雰囲気も出しやすいはず。
よし、決めた!これが会場探しの第一条件だ。
あとは(2)の条件をクリアするための庭や、(3)の条件をクリアできる「隠れ家的レストラン」であれば、もう言うことなし!

というわけで、この条件に合う式場はないものか…と、なめるように読みました!例の「ゼク○ィ パーティウエディング」を。
そうして最終的に残った2つの会場を下見することにしました。
ちなみに「ゼク○ィ」によると、1カップルあたりの会場下見の平均軒数は4~5軒なんだとか。
そうかぁ、さすがに2軒見ただけじゃ、決められないかな?
が!幸いにも2軒目の会場が私の条件を全てクリアしてくれる「ジャストミート!」な会場。
なんてラッキー(´∀`)
見学にいったその日のうちに本予約!となりました。

なお、私が選んだ会場は、残念ながら2005年限りでウエディング予約を終了するらしいので、あまり大っぴらに紹介できないのが残念ですが、
「特別な日におすすめのレストラン」「記念日に行きたいバーがある店」としても秀逸なので、気になる方はぜひ一度足を運んでみてください。
広尾にある「羽澤ガーデン」というレストランです。
ちなみにこのお店を訪れるなら、おすすめは春と秋。
春には満開の桜が、秋には鮮やかな紅葉が、大正時代から残る広い庭を彩ります。

Hanezawa-1.jpg

テーマ:ウェディング - ジャンル:結婚・家庭生活

My Profile

まこ

  • Author:まこ
  • ライターを生業としていますが、現在は休業中。10月に「高齢初産」を経験し、新たなジャンル「育児」に取り組んでいる「元・バリバリの負け犬」です。

New Entry

New Comments

Archives

Themes

Trackbacks

ブロとも申請フォーム

Bookmarks

Search

RSS

Links

All About [結婚式]
All About [結婚式]

無料ホームページ ブログ(blog)
<img border=0 src="http://www.sugoicounter.com:10000/cgi-bin/counter.gif?id=325912&page=1&uniq=0&cnt=2"> </noscript>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。