「負け犬」世代の大人Wedding
30代が満足できるパーティウエディングの作り方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめドレスショップ~お手頃編~

ちょっとここで、私の気になった「大人花嫁におすすめのドレスショップ」について紹介しておこうと思います。
まずは20万円台以内の予算でドレスが手に入るショップから。

<ドゥエ マーニ>http://www.duemani.co.jp/
こちらでは中古のセルドレスを扱っています。
1階では10万円台が中心のお手頃ライン、2階では20万円台中心のドレス…と、主に2つの価格帯のドレスを販売。
値段だけ聞くと、2階のドレスは中古としてはややお高めに感じるかもしれませんが、このお値段では通常手に入らない質の高いドレスが揃ってますから、個人的には2階がお買得だと思います。
ちなみに「私はウエディングドレス難民」の記事内に添付したドレスは、こちらのショップのものです。

<ウェディングe工房>http://www.rakuten.ne.jp/gold/w-kobo/
こちらも中古ドレスを販売するお店。
楽天内にあるネットショップですが、予約すれば店鋪または自宅での試着もできるという画期的なシステムをとっています。
お値段はどれも10万円以内で、ほとんどが5万円以内というから、かなり破格。
若い女の子向けっぽいドレスも多々ありますが、大人の女性にも似合いそうな凝ったディティールのイタリア製ドレスや、シルクのドレスもあります。
1点ものが基本なので必ずしも好みのドレスが見つかる補償はありませんが、タイミングさえあえば掘り出し物に出会える可能性も!
ただし上のお店と違い、レンタルドレスを中古セルドレスとして販売しているので「人が何回も着たドレスはイヤ!」という方には不向きかもしれません。
e工房.jpg
↑これはイタリア製のドレス

<フォーシス&カンパニー>http://www.wedding.ne.jp/foursis/
こちらはレンタルドレスを扱うショップ。
ラインナップの主流となるお店オリジナルのコレクションはプリンセスラインの物が多く、一見すると「若い花嫁さん向きショップ」。
ですが、オリジナルコレクションよりちょっとお高めの「ニューヨークコレクション」には、大人っぽいソフトスレンダードレスがあるので、スレンダー系ドレスを探している方なら使えるショップといえそう。
また、デザイナードレス「Alan Hannah」もおすすめ。他にはないデザインのプリント柄がきれいなドレスが揃ってます。
ちなみにこのショップは私の会場では提携ショップだったのですが、提携の場合はWドレス+カラードレス+新郎スーツで20万円台というお得なパックプランがありました。
FourSis.jpg
↑こんな大人っぽいドレスもあります

<ルーチェ クラッシカ>http://www.luce-jp.com/index.html
レンタル、オーダーレンタル、フルオ-ダ-の3種類から選べるアトリエ系ショップ。
雑誌「Olive」系(表現が古い?)のキュートなデザインが主流なので、一見すると大人には不向きかもしれませんが、他のショップにはほとんどないショート丈のドレスや、クラシックでシンプルなデザインのドレスも結構あるので、カジュアルなウエディングパーティを考えている人は一見の価値ありだと思います。
ちなみにレンタルドレスは7万円台からと手頃なので、2次会用ドレスを探すにもいいかも。
スポンサーサイト

テーマ:ウェディング - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/11/02 17:10】 | #[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

My Profile

まこ

  • Author:まこ
  • ライターを生業としていますが、現在は休業中。10月に「高齢初産」を経験し、新たなジャンル「育児」に取り組んでいる「元・バリバリの負け犬」です。

New Entry

New Comments

Archives

Themes

Trackbacks

ブロとも申請フォーム

Bookmarks

Search

RSS

Links

All About [結婚式]
All About [結婚式]

無料ホームページ ブログ(blog)
<img border=0 src="http://www.sugoicounter.com:10000/cgi-bin/counter.gif?id=325912&page=1&uniq=0&cnt=2"> </noscript>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。